ダイエットを終えてみて

 私は、暴飲暴食の末の肥満が原因により、体調不良になり通院が始まり、先生の指導で、減量を始めました。
先ずは、運動です。社会人になり、殆ど体を、日常的に動かした事がなく、軽めのウォーキングから、手を付けました。
始めた頃は、15分も歩くと、限界に達していました。それでも不調からの苦しさから、逃れられる一心で、何とか続ける事が出来ました。
徐々に、体が順応していき、30分、1時間、最後の頃は2時間歩くまでに、体力が回復していきました。
 次に、仕方がない事ですが、食事制限です。
全体の量を、少しづつ減らし、併せてカロリーの少ない食材中心に切り替えていきました。
ここで、大事なのが、多少カロリーが高めでも、好きな物は、量を減らしてでも、食べる事です。
アメとムチではないですけど、大事なのは継続する事なので、続ける為には必要な事です。
 食事は、大豆類、海藻類中心に献立ました。上述の様に、大好きな米飯は、取り続けていきました。炭水化物は活力の源ですので、運動にも影響してくるからです。
この、両建ての相乗効果で、1年半かけて、35キロのダイエットを達成する事が出来ました。
 その後は、食事は普通の量に戻し、体重も維持しています。基礎代謝が増えて、体質が改善した為です。
今でも、運動が続けられているのは、趣味になったからです。
何事も向上心と探求心が芽生えれば、続けられる事を学びました。http://www.wrrwhfx.com/

スポーツクラブでダイエット

産後なかなか体重が落ちず、スポーツクラブに通うことにしました。子供の託児の問題があったので頻度は週1回が限度でした。
内容はスタジオでのヨガやダンス系のプログラム、マシンでの筋トレ、プールです。一回3時間くらいでそれらをまんべんなくこなしました。スタジオでのプログラムやプールは自分が好きなように行っていました。マシンでの筋トレは、事前にトレーナーさんと面談を行い、特にダイエットしたい部位や目標などを話しながら最良のマシン、行う回数などを指示してもらいました。担当のトレーナーさんが一応付くのですが、他のトレーナーさんも筋トレをしていると気軽に話しかけてくれ、悩みなど相談するとアドバイスしてくれました。また、家庭用より精密そうな体組成計がいつでも使えたので、毎回乗ってました。
数ヶ月で劇的に体に変化が!という訳にはいかなかったのですが、それまでが運動不足だったので体がスッキリしたのと、ストレス解消になり通って良かったです。欲をいえば週3回くらい通いたかった…!xn--j-phusbz669a1sglm7ally.com

お腹が空いた時にだけ食べるダイエットで7キロ痩せました

「1日3食、規則正しい食生活」を無視して、お腹が空いた時だけ、軽く何かを食べるダイエットを行いました。
食べるものは野菜でも構わないし、お菓子でも構わないし、というような感じで半年くらいでしょうか。続けた結果、7キロのダイエットに成功し、50キロ→43キロになりました。が、生理もこなくなってしまいました。
ダイエット中はだんだん食べないことに慣れてきてしまいます。始めた頃は、お腹が空くときちんと固形物を食べてお腹を膨らませていましたが、続けているうち飲み物を飲むだけで満足するようになってしまいました。私はコーヒーが大好きだったので、お腹が空くと缶コーヒーを自動販売機で買ってそれを飲む。これだけの繰り返しで1日終わり。といった感じです。それで済むようになるんです。こんな生活を半年続け、そして生理がこなくなりました。今思うと当たり前ですが、その時は痩せたい一心なので危険性が分かりません。病院へ通院しても生理は来ず、自発的に生理がくるようになったのは、ご飯やおかずをちゃんと食べるようになり、体重が元の50キロに戻った時でした。
怖いダイエット経験です。痩せるため効果があるサロンを探していました

お酒に入れる氷の役割

夏といえばやはり冷たい飲み物は欠かせません。私は冷たい飲み物には大抵は氷を入れますが、その氷は家の製氷機で作ったものではなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアーで売られている市販の氷を購入して使います。なぜ私がわざわざこのようなことをしているかといえば、それは市販の氷は家で作った氷に比べて味がいいからです。
麦茶や清涼飲料水に購入してきた氷を入れて飲んでもこの氷味の違いはぼんやりとしか分かりません。しかし、ウオッカや焼酎を何かと割って飲むのではなく、氷だけを入れてそのままグラスに注いで飲むとその氷の味がよく分かるのです。
氷を変えるだけでお酒の味も味も変化するのです。だから、私は美味しいお酒が飲みたいのでお酒に入れる氷は買ってきます。でも、この話をしてもお酒を飲む人は分かってくれますが、飲まない人からはなかなか共感をえられません。お酒の味というものは氷一つで変化してしまうほど繊細なものだと私は思います。